会社員の副業アルバイトは会社にばれる?ばれない方法が知りたい!

会社員の副業アルバイトは会社にばれる?ばれない方法が知りたい!

会社員の副業アルバイトは会社にばれる?ばれない方法が知りたい!

 

 

サラリーマンの方で、今の会社の給料では遊びに行くお金が
足りない、生活していくのにぎりぎり過ぎる等の理由で、
副業を考えているという方はかなり多いでしょう。

 

しかし、アルバイト禁止の会社やアルバイトをしているのが
ばれると大変な事になる会社は少なくありませんよね。

 

最悪の場合にはクビ、そうで無いとしても、あなたの
評価は奈落の底まで落ちる事になるでしょう。

 

そこで、あなたの副業収入がなぜ本業の会社にばれてしまうのか、
そしてばれない為にはどうすればいいのか、説明します。

 

 

タウンワーク

 

 

何故副業の収入が会社にばれてしまうのか?

 

 

一般的によく言われているのが年間で所得が20万未満なら、
確定申告を行わないので副業がばれないということです。

 

本業の場合は38万円、そして副業の場合は20万円以上の
収入が無い場合、確定申告の義務は無いからです。

 

しかし現実的には、確定申告をしていないからと
言って、必ず会社にばれないという訳ではありません。

 

厳密には、アルバイト等の副業所得は基本的に年間で
たった千円稼ぐだけでもばれてしまう可能性はあります。

 

なぜかというと

 

本業での給料+副業での給料(総給料)

 

で住民税が決まっていて、住民税は給料から天引きされます。

 

ということは本業での給料に掛かる住民税が
多くなり、払っている給料以上に住民税が
引きかれる訳ですから会社にばれてしまいます。

 

副業のバイト先が、あなたに払った収入を報告している
場合、確定申告をしていない事で副業の住民税が、
本業の会社に報告されてしまうリスクがあるのです。

 

では、会社員の副業がばれない
為には、一体どうすれば良いのでしょうか?

 

 

会社に副業がばれない様にする為には?

 

 

それは副業の住民税が本業の会社に
いかないようにすればいいのです。

 

そのためには副業の所得が少しでも
あれば、確定申告を行う方が良いでしょう。

 

確定申告書には、住民税の支払い方法を選択する欄があります。

 

そこで『普通徴収』を選択しておくことで、副業分の
住民税が会社ではなく個人に請求されるという事になっています。

 

しかし現実には、ここで普通徴収を行ったにも関わらず、
特別徴収として会社に通知されてしまうというパターンがあるそうです。

 

これによって、会社に副業がバレてしまう会社員は大勢います。

 

つまり確定申告をしたからと言って、100%ばれなくなるという
訳では無いという事は念頭に入れておく必要があります。

 

 

副業がばれる事による処分のリスクを軽減したいなら

 

 

副業がばれて困ると不安に思うなら、20万円以内収入に留め、
副業を確定申告しないという形を取る方が良いでしょう。

 

実際このケースで会社に副業がばれて
しまうという事はほとんどありません。

 

また当然、同じ副業でも会社としては、
その金額で罪の重さは変わります。

 

副業で稼いでいる金額が大きければ大きいほど、会社の仕事を
真剣に行っていなかったと捉えられる傾向があるからです。

 

そうした意味でも、20万円に留めて
おくという事は有効だと言えるでしょう。

 

ぜひ上手に副業バイトを行って、ゆとりのある生活を目指してくださいね。

 



接客業バイト フード系バイト 体を動かすバイト 高時給バイト レアなバイト 有名店のバイト