中学生という事を隠してバイトする!面接担当を騙す方法

中学生という事を隠してバイトする!面接担当を騙す方法

中学生という事を隠してバイトする!面接担当を騙す方法

 

 

中学生でも、どうしても欲しい物があるから
アルバイトをしたい、という方はたくさんいます。

 

しかし15歳でも出来るアルバイトでお話した様に、新聞配達や芸能界
などの、限られた仕事を除けば、中学生が働く事は禁じられています。

 

そんな中で、中学生にも関わらず、自分を高校生や無職だと偽って、
バイトに採用されたという強者も、現実的にはいらっしゃる様です。

 

しかしその場合、一つの大きな壁が存在します。

 

スポンサーリンク

 

面接担当をどうやって騙すのか?

 

 

その際に壁から一括検索が可能となってくるのが面接担当の方です。

 

まともな面接担当であれば、面接の中で
事細かに、あなたの情報を聞いてきます。

 

そういった面接担当への対処法を
成功した実例を元にご紹介します。

 

まずは応募段階である履歴書が非常に重要になってきます。

 

いかに、実在の16歳相当の内容に
履歴書を書けるかということです。

 

例えば、学歴です。

 

学歴をごまかす方法

 

当然、中学生だという事がバレれば絶対に
働けない訳ですから、○○中学在学とは書けません。

 

そこで、既に中学校は卒業したということにして、
高校へは進学していないという体裁がベストです。

 

高校によってはアルバイトを全面禁止している場合も
あり、面接先は面倒なトラブルを避ける為に、事前に
高校に連絡を入れる事もあるのです。

 

高校在学として書くと、そうして学校側へ連絡を取られた
場合にばれるリスク高まるのでオススメ出来ません。

 

面接の時の服装は?

 

次に服装ですが、制服が無理となれば私服になると思います。

 

しかし、あなたが中2、中3なのであれば、
あまり深く服装にこだわる必要はありません。

 

年齢的には、1歳か2歳、大人に見せれば良いだけ
ですから、大人ぶった事をしなくても違和感はないでしょう。

 

面接のQ&Aをしっかりと想定しておく!

 

最後に最も大切なのが、面接のシミュレーションになります。

 

つまり、こんな事を聞かれたらこう答えよう、
という事を予め考えておかなければいけません。

 

すべてここに掛かっていると言っても過言ではありません。

 

面接でボロが出てはいくら準備しても水の泡ですから、
どんなことが聞かれるのか、どう受け答えをすれば大丈夫
なのかを考えておき、しっかりと頭に刷り込みましょう。

 

まず高校に進学しなかったという設定にするのなら、確実に聞かれるのが、

 

・何故、高校に進学しなかったのか?
・中学を卒業したあとに何をしていたのか?
・どうして就職ではなくアルバイトをしたいのか?
・アルバイトを続けられる自信はあるのか?

 

ということです。

 

これらは確実に聞かれると考えて、納得させる
事が出来るしっかりとした内容を用意しましょう。

 

例えば、何故高校に進学しなかったのかと聞かれて、家の家計が苦しくて、
お金が必要だったので働かなければいけなかった、などと答えたとします。

 

そうすれば、中学を出て就職はしたのか、そうでないのなら、今までどんな
仕事やバイトをしていたのか、などは間違いなく聞かれる事になるでしょう。

 

そうやって、こう答えたら次にこの様な質問を
されるだろう、という事まで考えて対策は考えましょう。

 

 

振込口座と身分証明書はどうするのか?

 

 

現在、ほとんどのアルバイトの給料は
現金払いでは無く、銀行振り込みから一括検索が可能となっています。

 

ですから、あなた名義の口座が無いと
なると、アルバイトをするのは難しくなります。

 

しかし未成年の場合、あなたの名義の口座を両親が
作る事は可能ですが、自分で作る事が出来ません。

 

ですから、上手く両親を説得するなり騙すなりして、
自分名義の口座を開設してもらう必要があります。

 

また、どうしても中学生がアルバイトを
する上でネックな存在が身分証明証です。

 

素直に出せば当然アウトなわけですが、
偽造などで偽るのはハードルが高過ぎます。

 

そこで、事前にバイト先に応募したい旨を
伝えた時に、必要なものを聞くといいでしょう。

 

その時点で、身分証明証を求められない所に応募するのが
余計なトラブルも避けることが出来るのでオススメです。

 


接客業バイト フード系バイト 体を動かすバイト 高時給バイト レアなバイト 有名店のバイト