アルバイトは何歳からできるの?お小遣いとの違いは?

アルバイトは何歳からできるの?お小遣いとの違いは?

アルバイトは何歳からできるの?お小遣いとの違いは?

 

 

中学生ぐらいになれば、欲しい物もたくさんあるし、
遊びやデートでお金を使う事も多くなります。

 

ですから、働いてお金をもらいたいと
考えている人がいるかもしれません。

 

ですが、法的には何歳からアルバイトが可能なのか、
家の手伝いや親戚のお店を手伝ってもらうお金とはどう
違うのかわからないと考える人もいるでしょう。

 

そういった疑問に今回はお答えしていきたいと思います。

 

 

アルバイトは何歳から可能?

 

 

まずは、未成年のアルバイトの法律は労働基準法によって
15歳になってから迎える最初の3月31日を過ぎなければ
働いてはいけないことになっています。

 

つまり、どこかで雇われて働くということは
中学生では法律的には非常に厳しいでしょう。

 

例外的に演劇の子役などは、学業時間外のみ
働くということで認められているようです。

 

しかし、今すぐに働きたいからと言って
演劇の子役を目指せと言うのは無理な話です。

 

では、本当に15歳未満の中学生は
働くことが出来ないのでしょうか。

 

 

中学生でもアルバイトが特例で許されるケースも

 

 

例えば、どうしても家庭の都合上働かざる負えない場合
などは、働けないと立ち行かなくなってしまいますね。

 

そこで法律では禁止しているものの、条件さえ
整えば例外的に働くことが出来るようです。

 

その条件とは働かなければいけない明確な理由があり、
なおかつ親の承諾と学校長の認可得ている事。

 

そして、労働を監督している(労働基準監督署)所からの
許可、自身の年齢を証明できるものが必要となります。

 

中学生で働くということはよほどのことだと世間的には
捉えられているので、多くの条件、手順が必要になります。

 

 

アルバイトとお小遣いの違いは?

 

 

しかし、家やお友達のお店などで、仕事や家事を手伝う事で
お金をもらった、という経験をされた事がある方もいらっしゃると思います。

 

こういった、家の手伝いや親戚のお店を手伝ってもらうお金に
ついてですが、雇った対価として渡すという事ではありません。

 

あくまで両親、親戚などが“手伝ったご褒美”
としてお金を渡すのであれば、問題ないようです。

 

あくまでアルバイトという雇用契約は行えない中学生ではありますが、
家族や親族がお店や事業を行っているのであれば、仕事や家事を
手伝う事でお小遣いを稼ぐという事は、自分次第では出来るでしょう。

 

中学生が真っ当に手早く稼ぐのであれば、家の手伝いや
親戚のお店の手伝いをして稼ぐ方法も一つの良い方法です。

 



接客業バイト フード系バイト 体を動かすバイト 高時給バイト レアなバイト 有名店のバイト