受かる為のアルバイト面接の志望動機の好印象な答え方は?

受かる為のアルバイト面接の志望動機の好印象な答え方は?

受かる為のアルバイト面接の志望動機の好印象な答え方は?

 

 

アルバイト面接に受かるための第一歩は好印象を与えることです。

 

どんなに働く能力があっても、アルバイトの
面接で落とされていては、どうにもできません。

 

しかし、どうすれば受かるための好印象を与える
ことが出来るのか、わからない方も多いと思います。

 

そこで今回は、好印象を与え、採用したいと
思わせる受かる志望動機の答え方を紹介します。

 

 

志望動機は相手にとってもメリットになるものを

 

 

志望動機で大切なのは、あなたのメリットだけでは
なく、相手にもメリットがあるものを書くという事です。

 

例えば、飲食店にアルバイトの面接に行くとします。

 

そこで用意した志望動機が、融通の利くアルバイト
だからと言ったのでは、不採用になる確率が高くなります。

 

例え求人欄には

 

週1日・3時間からでもOK!

 

などと書いてあったとしても、本音で言えばたくさん
シフトに入ってもらえる方を探している場合が殆どです。

 

あなたしか応募が無かったのなら採用される可能性もありますが、大勢の応募が
あった場合、本当に週に一回だけのシフトなら、恐らく不採用となるでしょう。

 

飲食店の志望動機ですと、例えば料理が空き、人と接することが
好きなどであれば、厨房で即戦力になりそうだとか、ホールスタッフ
として柔軟に接客を行えそうだ
、となりますよね?

 

逆に家から近いという志望動機であれば、コンビニなどがぴったりです。

 

通うのが楽だから、というのでは単にあなたの都合ですが、

 

家から近いので、急なシフトの欠員などにも柔軟に対応させて頂けます。

 

などと書けば、相手にとっても魅力的な志望動機に代わります。

 

コンビニの多くは、たくさんの人数を雇ってシフトを回すようにしていますから、急に
シフトを変わってくださいというのもよく起こりますし、雇う側も非常に助かります。

 

つまり、面接先にとってもメリットになる志望動機で
あれば、何でも好印象を与えることが出来ます。

 

 

切り替えされた時に答えられる様に対策を!

 

 

また、たまに志望動機では、意地悪な質問をされる場合があります。

 

〜が好きで、と言った際に、

 

『じゃあこうなったらどうするの?』

 

と悪いケースを言われることがあります。

 

例えば、接客が好きで〜などと話した後に、『じゃあ接客が
出来ない厨房スタッフはやりたくないの?』などといった具合です。

 

こういった場合に、すぐに

 

『様々な事を吸収して成長していきたいと考えておりますので、未経験な
事や苦手な事でも積極的に挑戦させて頂ければと思っております。』

 

などと言えるかどうかで、印象は大きく変わってきます。

 

志望動機はある程度、事前に用意されたものだと相手も分かって
いますから、そうして突っ込んで聞いてくる事もよくあります。

 

こういった状況に備えて、ある程度突っ込まれても
返すことの出来る志望動機を用意しましょう。

 



接客業バイト フード系バイト 体を動かすバイト 高時給バイト レアなバイト 有名店のバイト