好印象!バイトの電話で良いイメージを与える3つの方法

好印象!バイトの電話で良いイメージを与える3つの方法

好印象!バイトの電話で良いイメージを与える3つの方法

 

 

アルバイトに応募するのは、電話する時から始まっていた方が良いです。

 

どんな電話応対をするかで印象は
変わってしまいますので注意しましょう。

 

それでは電話で良いイメージを与える
にはどのようにしたら良いでしょうか?

 

言葉使いとマナー
電話する場所
時間帯

 

この3つを守れば大抵は大丈夫でしょう。

 

言葉遣いに注意する

 

まず言葉使いとマナーですが、電話が出た時に

 

「お忙しい所恐れ入ります。○○です」

 

といった感じで、一般的なビジネス対応の電話は必要になります。

 

自分が高校生だから、大学生だからといっても採用されると
企業の一員として働くので最低限のビジネスマナーが必要です。

 

電話と最初と最後がきちんとできれば相手に好印象を与える事ができます。

 

電話する場所

 

次に固定電話ですが、可能な限り
携帯電話からの応募は避けましょう。

 

最近は電波状況は良くなって来たとは言え、携帯電話は、
電波の状態によっては途中で切れる事がまだあります。

 

また、外で話す場合などは雑音が入ります。

 

アルバイトの面接担当者と話を
するのですから、大切な話をしています。

 

重要性を考えるのであれば固定電話が一番良いです。

 

もしそれが難しいという事でしたら、出来るだけ
人がいなくて静かな室内で、電話すると良いでしょう。

 

電話する時間

 

そして最後に時間帯ですが、これは企業の
ホームページなどを見て、営業時間を調べておきましょう。

 

飲食業などは、ランチタイム、ディナータイムなどの
一番忙しい時間を避けた方が良いでしょう。

 

電話で応募する場合は、第一印象が大切です。

 

相手は、何人も面接をしているプロですから
電話の話す様子である程度は人の印象はわかります。

 

電話だからといって安易に考えるのではなく、電話から
面接が始まっているぐらいの気持ちでいるようにしましょう。

 



接客業バイト フード系バイト 体を動かすバイト 高時給バイト レアなバイト 有名店のバイト