絶対禁止!バイトの電話でやってはいけない事と言ってはいけない事

絶対禁止!バイトの電話でやってはいけない事と言ってはいけない事

バイトの応募の電話でやってはいけない事と言ってはいけない事

 

 

アルバイトをしたい場合に、電話で応募をする場合にはまず
電話をしますが、その時に禁止されている事を紹介します。

 

いきなり要件に入らない

 

いきなり要件を聞く事は避け、自分の名前を名乗ってから、
お世話になりますといった感じで話すようにしましょう。

 

それと次に注意したい点は、最初に電話に
出た人が面接担当者とは限りません。

 

むしろ、必ず採用担当である事が多い
店長が電話を取るという方が少ないでしょう。

 

電話がつながったら、まず自分の名前を伝えてから
アルバイトの応募したい事を言ってから担当者を
お願いします、といったような感じで話しましょう。

 

担当者が電話口に出たら大きな声で
はっきり話すようにしましょう。

 

小さな声は、マイナスの印象が大きいですし、特にサービス業の
場合は、声が小さい事で不採用になるケースがあります。

 

メモを用意しておく

 

電話をしている間は、メモを取れるようにしておきましょう。

 

面接日を伝えてくれるはずですが、これを忘れてしまうと
再度店舗に電話をしなければいけなくなってしまいます
から、忘れないように必ずメモを取る様にしましょう。

 

聞き取りにくいかった場合、恐れいりますが
みたいな感じで再度その場で確認しましょう。

 

「今何て言いましたか」

 

などはNGです。

 

「恐れいりますが、もう1度おっしゃっていただけますか?」

 

と聞くようにしましょう。

 

電話は風通りの良い外では行わない

 

また電話をする場所についても、携帯電話で電話を
行う際は、電波の良い状態で電話しましょう。

 

外で風の強い日などは、話の最中に雑音が
入るような感じになり、大変聞きづらくなってしまいます。

 

相手が電話を切るまでこちらから切らない

 

そして、すべて電話が終わったら失礼しますと言ってから、
相手が電話を切った事を確認してから切るようにしましょう。

 

いきなりガチャッは禁止です。

 

社会経験が無い方ですと、そんな事は気にした事が無かったかもしれませんが、
相手より先に電話を切るというのは非常識だと捉えられてしまいます。

 

ここまでが電話で応募を行う際の注意点になりますが、
電話での応募に自信がない方は、ネット応募も良いでしょう。

 

相手の都合も気にしなくて良いですし、一括応募が
可能なのはネット応募の大きなメリットです。

 



接客業バイト フード系バイト 体を動かすバイト 高時給バイト レアなバイト 有名店のバイト