電話とネット、アルバイト応募の申し込みはどちらが良いの?

電話とネット、アルバイト応募の申し込みはどちらが良いの?

電話とネット、アルバイト応募の申し込みはどちらが良いの?

 

 

アルバイトへ申し込みをする場合は、電話とネットで
どちらが良いかと言えば、正直な所どちらでも良いです。

 

どちらで申し込みをしても合否には関係ありません。

 

しかし応募するあなたにとってのメリットも異なりますし、
相手となる応募先の面接担当としても違います。

 

ここで双方のメリットやデメリットについて解説します。

 

 

電話で応募する際のメリット・デメリット

 

 

まず電話で応募する場合のメリットと言えば担当者に直接
聞く事ができるので、短期間で合否が決まる可能性が高いです。

 

デメリットは、電話を掛けるタイミングが
難しい事と、電話マナーに気を付ける事です。

 

忙しい時間帯に掛けてしまうと再度電話するように
なりますし、マナーが悪いと印象が悪くなる恐れがあります。

 

あと結構緊張しますしね。

 

ですから、社会経験の少ない高校生や大学生だと
少しハードルがネット応募よりも高いと言えるでしょう。

 

ただ電話を直接するという事は、場合によっては
働きたいという意気込みが伝わる事があるので
いきなり電話すると良いかもしれません。

 

また、幾つか希望のバイト先がある場合、当然ながら電話だと、
それぞれのバイト先に何本も電話をしなければいけません。

 

ですから、複数のバイト先が気になっている
場合は、あまりおススメ出来ません。

 

ネット応募のメリット・デメリット

 

 

ネット場合のメリットは、先方の都合の良い
時間帯を意識せず応募できる事です。

 

電話だと担当者不在の場合、再度
電話をしなくてはいけない場合もあります。

 

また変な時間や、相手の虫の居所が悪い時に連絡して
しまい、印象を損ねたりといった心配をする必要がありません。

 

相手にとっても、いつでも自分の好きな時間に募集を確認できる
方が格段に楽で便利なので、こちらの方が実際は好まれています。

 

また、一つではなく複数のバイト先に応募を行う場合、
求人サイトならネットで一括応募を行えるサイトも多いです。

 

ですから、複数のバイト先を応募したいなら、
ネットが格段に便利だと言えます。

 

デメリットは、相手へ自分の印象が伝わり
にくい事と、稀に担当者が見逃してしまう事です。

 

電話だと話し方などで好印象を与える事ができますが、ネットは顔が
見えないうえに話す事をしないのでどんな人物かが分かりにくいですよね。

 

また、面接担当も人間なので、うっかりと忘れられてしまう
というケースも、ごく稀にですが有り得るというのもあります。

 

もしもネットやメールで応募する場合は、夜などに応募して
おいて、朝確認する時間帯を狙ってから応募すると良いですよ。

 

 

誤字脱字には気を付ける!

 

 

ネットで応募する場合は、誤字脱字は気を付けましょう。

 

誤字脱字の確認方法として、最後に声に出して読む様に
すると、ほぼ誤字を防ぐ事が出来ますからおススメです。

 

両親などに文章を見てもらうのも、誤字脱字を防ぐのに良い方法です。

 



接客業バイト フード系バイト 体を動かすバイト 高時給バイト レアなバイト 有名店のバイト