バイトの履歴書の学歴の書き方!どこから書くの?中退でも書く?

バイトの履歴書の学歴の書き方!どこから書くの?中退でも書く?

バイトの履歴書の学歴の書き方!どこから書くの?中退でも書く?

 

 

アルバイトの履歴書というのはその人の人生でもあります。

 

履歴書に、どこからどこまでの人生を
書くのか思い悩む箇所でもありますね。

 

特に中退など特殊な経験をしているのであればなおさらです。

 

そこで、アルバイトの履歴書の学歴欄を書く時に中退など、
どこからどういう風に書けばいいのか紹介致します。

 

 

小学校〜現在までの経歴を書くのがベター

 

 

履歴書の学歴をどこからどこまで書くのかという事を悩むこともあるかと思い
ますが、基本的には履歴書は、多くを文字で埋めるというのが望ましいです。

 

その方が、ふとした事で面接担当の方と話が盛り上がったりすることが
多いので、よほど無駄な事以外なら、記載した方が良いのです。

 

例えば面接の方と同じ小学校だったとか、高校の専攻が同じだったという
事で、共感してもらえて好印象を与えるなどといった事はよく起こります。

 

ですから小学校から現在まで、入学と卒業に関して記載を行えば良いでしょう。

 

しかし高校を中退・大学を中退している
場合には一体どうすれば良いのでしょうか?

 

中退が必ずしも採用上のデメリットになる訳では無い

 

 

まず、履歴書に書きやすいかどうかは、中退してしまった理由にもよります。

 

そもそも中退だからと言って、バイトの履歴書として
必ずしもマイナスになるという訳では無いのです。

 

書きやすい理由としては、家庭の金銭的、経済的な
理由でやめざる負えなかったという場合です。

 

この場合は正々堂々と中退と書いても問題ないかと思います。

 

むしろ、既にバイトとしてではありますが社会に出て、そのお店で
たくさん貢献したいという思いをアピールすれば、多くシフトに
出れる分、学生よりも有利になる事さえ考えられるでしょう。

 

 

問題を起こして高校や大学を中退になった場合

 

 

しかし中退でも、なかなか歴書に書きづらい
中退のケースは、問題を起こしてやめた場合です。

 

これはどうしようもないと言えば、どうしようもないのです。

 

学歴欄に中退と書かなければ当然、空白の期間が出来て
しまいますから、それを追及される可能性も高くなります。

 

書いていないという事であれば嘘を付いたという訳ではありませんが、
嘘はついていなくても、事実を隠して後でそうして追及されて本当の
事が明るみになるのは、あまり良い印象は持たれません。

 

ですから書かざるを得ないのですが、どう弁解出来るのかにかかっています。

 

 

中退という事はあくまで記載し、その理由をポジティブなものに変える

 

 

どうしてもバイトを採用されたいなら、あまり良い事ではありませんが、
もし実際には問題を起こして中退になっていたたとしても、前述の
経済的な理由で中退した、と備考欄などに書く方が良いと思います。

 

しかし例えばあなたが地域でも札付きのワルで、誰でもその悪行を
知っているという様な事であれば、当然それは難しいです。

 

そうで無いとしても、もし後で本当の中退の理由がバレた場合には、虚偽の申告を
しているのですからクビにされても文句は言えないので、覚悟はしておきましょう。

 

中退という事を隠して、例えば何かのバイトをしていた事にするなど、完全に嘘の
経歴を作るのは、後々追及された時に墓穴を掘る可能性が高いのでお勧め出来ません。

 

あくまで中退という事は履歴書に記載し、家庭の事情で
辞めざるを得なくなり、今は少しでも家計を助ける為にバイトを
一生懸命頑張りたい、この様なスタンスで臨むのが一番でしょう。

 

 

 

 



接客業バイト フード系バイト 体を動かすバイト 高時給バイト レアなバイト 有名店のバイト