履歴書の写真で気を付けたい事!服装や髪型は?コピーじゃダメ?

履歴書の写真で気を付けたい事!服装や髪型は?コピーじゃダメ?

履歴書の写真で気を付けたい事!服装や髪型は?コピーじゃダメ?

 

 

アルバイトの時に必ず必要になるものが、履歴書に貼る写真です。

 

スピード写真は意外と金額もかかりますし、面接を
受ける度に撮るのはお金もかさみますよね?

 

基本的に落ちたバイト先の履歴書も返してもらう事はありませんから、
写真は何かと必要になるので、コピーしてしまえと考える人もいるそうです。

 

しかし、相当規則がゆるい所でなければ、コピーを
貼るなどは常識外れだと判断されてしまうでしょう。

 

そんな意外と知らない履歴書写真の服装や
髪型などの注意点を紹介したいと思います。

 

 

基本的に3か月以内に撮影した写真を使用する事

 

 

まず基本的な決まりとして、履歴書の写真は面接を受ける時から
3カ月以内に取った写真を使用するというものがあります。

 

別に自分が写っていれば問題ないと思っている人もいると
思いますが、一般には直近の写真の方が良いとされているのです。

 

とは言え、そこを調べられたり追及されるという事はありませんから、
見た目が変わっていないのなら、大きく気にする必要はありません。

 

しかし、期間は問題なくともまったく外見が変わっている場合は、
そのまま写真を利用すると使い回しをしていると思われてしまい
ますから、単純に取り直しをしたほうが良いかもしれません。

 

 

バイトの履歴書の写真を撮る時の服装や写真も注意!

 

 

次にアルバイト面接時にはしっかり真面目な服装、黒髪に
して来ているのに写真では元の姿のままという場合があります。

 

せっかくちゃんとした服装や髪形で面接に
臨んでも、写真でばれてしまっては仕方ありません。

 

今の自分と変わりないか必ずチェックしましょう。

 

 

バイトの履歴書でプリクラの使用は絶対NG!

 

 

特に女性で、ごくまれに写真の変わりにプリクラを
履歴書に貼る方もちらほらいるとのことです。

 

どんな優秀な子でも、履歴書にプリクラを
貼るような子を採用したいとは思いませんね。

 

プリクラはあなたもよくご存知の通り、とても本人とは思えないほど
補正が掛かってしまいますから、そもそも本人確認として役に立ちません。

 

当たり前だからこそ履歴書にしっかりとした写真を貼ることで、
マイナスのイメージから面接が始まらないように気を付けましょう。

 



接客業バイト フード系バイト 体を動かすバイト 高時給バイト レアなバイト 有名店のバイト