バイト履歴書の職歴は派遣も書く?期間が短期でも書かないとダメ?

バイト履歴書の職歴は派遣も書く?期間が短期でも書かないとダメ?

バイト履歴書の職歴は派遣も書く?期間が短期でも書かないとダメ?

 

 

アルバイトでも、長期的に経験してきたものであれば、
自信を持って職歴欄に書き込むことが出来ます。

 

また、これから応募するバイト先と関連のあるバイトを
経験しているとしたら、それは採用にも有利に働くでしょう。

 

ですから、いくらでもアルバイト経験を履歴書の職歴欄でアピールすると良いと思います。

 

しかしそうして、長期でアルバイトが続かなかった場合や、
派遣などしかやったことがないとお悩みの方もいると思います。

 

こんな短い期間でやめてしまったものを書いて
いいのかな、という風にお悩みになられるかもしれません。

 

そこでアルバイト履歴書にどう書けばいいのか、わかりやすく解説したいと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

 

バックれなどであまりにも短いバイトは書かない方が良い

 

 

バイトの合格を優先して考えるなら、いわゆるバックレなどで、短期間しか
働いていないバイトの場合は絶対に書かないようにしましょう。

 

もちろん、そもそも短期バイトとして働いている場合は別になります。

 

具体的にどの程度の期間から短いと感じるのかは面接の担当にも
よりますが、何故短かったのかを説明出来る理由がないものに関しては、
4〜5ヶ月以下の場合には、書かない方が良いかと思います。

 

時には正直ではないことも大切なのです。

 

またよくあるのが、バイトを辞めてニートをしていた期間を埋める為に、
最後のバイトを直近までやっていた事にするという手口が使われる事があります。

 

しかしもし、本当にこんなに長く働いていたのかな?と疑問に思われて、
電話で確認などされたらウソがばれる上に確実に不採用でしょう。

 

どうしても書きたいのであれば、一身上の都合と
書いて理由はうまくはぐらかせるようにしましょう。

 

 

派遣の仕事は短期で単発が多いけど書いた方が良い?

 

 

次に派遣業を履歴書に書く書かないですが、
これに関しては絶対に書いた方がいいように思います。

 

派遣ということは様々な業種を経験しているはずです。

 

どんなアルバイトでも様々な経験があるという事は、ポジティブに捉えられます。

 

応募したバイト先で使える技術や仕事も、
その中には含まれているかもしれないからです。

 

ということで、アルバイトの履歴書職歴欄には派遣経験は書いた方が良いと言えます。

 

 



接客業バイト フード系バイト 体を動かすバイト 高時給バイト レアなバイト 有名店のバイト