履歴書の趣味・特技で書いておくと面接で有利・好印象な3つの事!

履歴書の趣味・特技で書いておくと面接で有利・好印象な3つの事!

履歴書の趣味・特技で書いておくと面接で有利・好印象な3つの事!

 

 

アルバイトで履歴書を書く際に案外迷う
点が、趣味や特技になるかと思います。

 

資格や志望動機を重点的に考えて書いているかもしれません。

 

もちろん、それはそれで合っていますが、履歴書で
好印象を与えるための要素が他にもあります。

 

それは履歴書の趣味・特技で好印象を与えるものを三つ紹介します。

 

スポーツを特技に書く

 

まず、一つ目はメジャーなスポーツを特技に書くことです。

 

もちろん、必ずそうであるという訳ではありませんが、コンビニや
ファミレスなどチェーン店として多く募集が行われている店舗では、
店長が男性という場合がまだまだ多いです。

 

ですからスポーツを実際にやっていたり、ファンだったりする事が多いのです。

 

例えば、サッカーや野球が最も一般的になると思います。

 

特に詳しくない相手が面接官であっても、どこの
チームが好きなの?と話を広げやすい特技になります。

 

もちろん、大のファンというのであれば文句なしです。

 

珍しい趣味・特技で興味で担当の興味を引く

 

次に二つ目は珍しい趣味や特技を書くことです。

 

例えばバレーやチェロなど、そんなことが出来るんだと思わせれば、ラッキーです。

 

ポイントとしては、面接担当が少しは興味や関心を
持ってくれる可能性があるもので無いといけないという事です。

 

珍しいからと言って、カードゲームだったりテレビゲームだったりを
趣味や特技としてアピールするのは、むしろネガティブな印象を
与える可能性が高いので誤解しない様にして下さい。

 

実はバレーって・・・など自分から話すことが出来る話題に
なるので、アピールすることが出来るチャンスが生まれます。

 

ユーモアのある趣味・特技で強い印象を与える

 

最後に三つ目は、ユーモアを狙った特技です。

 

何もスポーツや楽器が弾けることだけが特技では無く、例えば
芸能人のモノマネや体が柔らかいなども特技になるのです。

 

そういった事を恥ずかしげもなく、面接担当の前で行えるという事は、
少なくとも緊張しやすいタイプでは無いという事が分かります。

 

また、自己PR能力やコミュニケーション能力に優れて
いると判断してもらえるケースも多々あるでしょう。

 

失敗しても直接面接に合否には関係ないことが多いですし、
相手が喜んでくれれば儲けものぐらいに書いてみましょう。

 

以上の三つの中から自分に合った特技を探し出して面接に
挑む事で、趣味・特技で自分を大きく主張する事に繋がります。

 

どれも当てはまるという人は、全部書いてみるのも良いかもしれませんね。

 



接客業バイト フード系バイト 体を動かすバイト 高時給バイト レアなバイト 有名店のバイト