求人誌と求人サイト、バイト探しはどちらが良い?

求人誌と求人サイト、バイト探しはどちらが良い?

求人誌と求人サイト、バイト探しはどちらが良い?

 

 

あなたは、アルバイトを探す時は、
どのような方法で探しますか?

 

最近では大きく分けて2つの方法があります。

 

1つめは、コンビニなどに置いてある求人誌で、
もう一つは、インターネットのサイトによる求人情報です。

 

どちらもメリットとデメリットがあります。

 

 

アルバイト求人誌のメリット・デメリット

 

 

 

紙媒体の求人情報は、自分の住んでいる
情報を中心に掲載してある為、自分にあった
地域情報を探しやすいというメリットがあります。

 

あと紙に印刷されてあるので情報は
一度に目に入りやすく見逃しにくいです。

 

しかし、紙媒体にもデメリットはあります。

 

それは、電話してみたら、すでにバイトが
決まっている場合が非常に多い事です。

 

その理由ですが、紙媒体の場合は、掲載の申し込みを
してから実際に誌面にのるまでに時間が掛かる事があります。

 

また求人情報は、店頭に置いてから当分の間置いてあるので
発行して数日経ってしまうと古い情報という事になるのです。

 

このあたりは、いつ発行されているか注意が必要です。

 

 

アルバイト求人サイトのメリットとデメリット

 

 

次、求人サイトですが、こちらはリアルタイムで
新しい案件が、次々と掲載されています。

 

ですから求人誌よりも、情報は早く届きます。

 

また、例えばタウンワーク.netと求人誌のタウンワークの
様に両方を展開している場合、求人サイトにしか掲載
されていないアルバイトというのも、実は多数あるのです。

 

この理由ですが、サイトというのはほぼ無限に情報を載せられ
ますが、求人誌というのは紙面に限りがありますし、求人誌
にも掲載されている方が当然、申し込みが多いです。

 

ですからその分、求人誌にも掲載する事で、掲載料が高くなるのです。

 

ですからなるべく安くバイトを募集したいというお店は、
ネットの方でしか応募を行っていないという所も多数あります。

 

当然、その分求人誌に載っているアルバイトよりも
ライバルも少なく受かりやすいというメリットがあります。

 

また都道府県や沿線など、自由に絞込検索を行えますから、地域の求人が
メインの求人誌と比べて、バイトが見つかりにくいという事もありません。

 

むしろ紙面に限りのある求人誌よりも、求人サイト
の方が地域の求人も多い場合がほとんどです。

 

デメリットと言えるデメリットは、紙媒体の
求人誌と比べてもほとんどありません。

 

ですから求人誌よりも、いち早く情報を見つけられて、ライバルの少ない
アルバイトを探せるインターネットの求人サイトの方がおすすめです。

 

もしも、あなたが良い条件のアルバイトを探したいので
あれば、まずはインターネットで検索してみましょう。

 

 



接客業バイト フード系バイト 体を動かすバイト 高時給バイト レアなバイト 有名店のバイト